EXAMPLE




NASA テレビジョン



NASA テレビジョン
真っ暗闇の中のスペースステーション、NASAも最初はその存在に気がつかなかったのだろう!この不可思議物体の存在は確かに見えずらいので気がつきにくい。しかし目を凝らしてみるとそこには間違いなく存在している。ついに気がついたのか、NASAは、カメラを切りかえる。必死になって隠している様にも見て取れる。再度のズームアップでの登場は不可解だ。ライブ番組の構成上、切るわけにもいかず、あるいはライブなので何らかの手違いで、再度現場に切り替えてしまったのだろうか?それとも気がついていないのか?このようなことが日常的に起きているのだろうか。
STS92
NASAテレビ ミッションコントロールルームでの怪
click


見出し用画像




若田 光一(わかたこういち)

Crew
 
Commander: Brian Duffy
Pilot: Pamela A. Melroy
Mission Specialist 1: Leroy Chiao
Mission Specialist 2: William "Bill" S. McArthur
Mission Specialist 3: Peter "Jeff" J.K. Wisoff
Mission Specialist 4: Michael E. Lopez-Alegria
Mission Specialist 5: Koichi Wakata

t










STS96&ISSへ:クリック




関連情報:動画へクリック

STS-92はスペースシャトルによる国際宇宙ステーション(ISS)組立てを目的とした米国航空宇宙局(NASA)のスペースシャトルミッションで、3Aフライトと呼ばれた。
今回のミッションで、宇宙で組立て中のISSに、Z1トラスPMA-3と呼ばれる構成要素(部品)を取り付けた。


Mission Highlights
Mission: International Space Station Flight 3A
Shuttle: Discovery
Launch Pad: 39A
Launch: Oct. 11, 2000
6:17 p.m. CDT
Window: 5 minutes
Docking: Oct. 13, 2000
12:45 p.m. CDT
EVA: 4 space walks
Undocking: Oct. 20, 2000
10:08 a.m. CDT
Landing: Edwards Air Force Base, Calif.,
Oct. 24, 2000
4 p.m. CDT
Duration: 12 days, 21 hours, 43 minutes
Orbit Altitude: 177 nautical miles
Orbit Inclination: 51.6 degrees
Miles Traveled: 5.3 million







ペイロードベイ(貨物室)内
レイアウト

   
2000年10月20日の夜は別の意味で忙しい日であった。STS92ミッションは順調に進んだ。シャトルの外で事件が起きている間、乗組員は眠っていた。外のことに気がつかなくて大変幸福であった、宇宙の広大さの中で何か別な存在が彼らとともにあったのだ。問題の出来事はワシントン州の西、太平洋上空を通過している時と中央アメリカのホンジュラスのかなた上空で起きていた。時間はちょうど1:28過ぎ(CST)であった。

このオブジェクトが何であるかを言うことが出来ない。しかしそこには存在していた。そして宇宙で通常に出くわす代物ではない。この下の写真はシャトルのペイロードベイ(貨物室)のビデオカメラからライブ放送されたNASAのテレビジョンからのものと同じ質のものだ。


The night of 20 October 2000 was another busy one.  The mission of
STS-92 was going well.  The crew were asleep during the events which took place outside the Shuttle.  They were blissfully unaware that outside, something else was with them in the vastness of space.    The events in question  happened on a pass over the Pacific Ocean west of Washington State, and high over the Central American country of Honduras.  The time was just 1:28 AM (CST). 

    This writer cannot tell you what these objects might be, but they are there, and they are not anything normally encountered in space.  The still photos arranged below are presented in the exact order as received from NASA television, broadcast live from the payload bay video camera.



出来事1 ワシントン州西上空
Event 1   West of Washington State


テキサス州、ヒューストンのミッションコントロールセンターの平穏な風景
ミッションルームの右手のスクリーンに、ISS(インターナショナルスペースステーション)に取り付けられたソーラーパネルの一つの様子が映し出されていることに注意

A peaceful scene in Mission Control Centre, Houston Texas.   Note that the right hand screen at the front of the room is displaying a view of one of the solar panels attached to the ISS.


ビデオファイルのために時間がかかります!

NASAのケーブルテレビの
オリジナルライブ画像1
(mpeg動画)へ
:クリック


出来事1 ワシントン州西上空







 上と同じシーンの数秒後。ここで我々は何か輝くものがソーラーパネルのうしろから覗いているを見ることができる。ある人はそれが単なる月ではないのかと最初に考える。このフライトの間、月は夕方の空で太陽の非常に近いところにあり、三日月であったという事実だ。これはそのように月ではない。これが何なのか私には分からない。

This is the same scene just moments later.  Now we can see something bright peeking out from behind the solar panel.  One's first thought would be that this is only the Moon.  The fact is that during this flight, the Moon was very close to the Sun in the evening sky, just a mere crescent.   So this is not the Moon.   What it is, I cannot say.





我々は今この異常なオブジェクトが左へ移動したのを確認できる。それは尚、輝いており、宇宙で通常にみられるいかなるものでもない。この出来事が起きた夜の暗闇の中、いかなる光源もありえない。この異常オブジェクトは自ら発光しているのだ。

We can now make out that the anomalous object has moved to the left.  It is still bright, and cannot be anything commonly seen in space.  There is no light source available, as this incident took place in the deep of night.  So our anomaly is self luminous
.






おお、ストップ。誰かがそのオブジェクトに気が付き、それが公開されているのでまずいと認識したのに違いない。カメラは急速に向きを変えられた。しかしもう遅過ぎた。我々は既にそれを見てしまったからである。


Oh darn.  Someone must have noticed the object, and realized that it was going out to the public.  Quick, turn the camera off!!!    Oh oh, too late.   We already saw it.








これは「ワシントン州上空の連続もの」の最後のフレームだ。我々が前に異常オブジェクトを見たこのスクリーンでは、小さな動画のシャトルがある。「ディスカバリー」はワシントンとブリティシュコロンビアの西の太平洋上空にある。

This is the last frame of the Washington sequence.  Note please, that in the screen where we formerly saw the object there is the wee animated shuttle.   Discovery is over the Pacific Ocean just to the west of Washington and British Columbia.








出来事2 ホンジュラス上空

Event 2  Over Honduras

NASAのケーブルテレビの
オリジナルライブ画像2
(mpeg動画)へ
:クリック

出来事2 ホンジュラス上空





このシーンは上のワシントンの出来事のちょうど14分後のものだ。今の時間は、2000年10月20日、1時42分(CST)である。

This scene is just fourteen minutes after the Washington incident.  The time is now 1:42 AM (CST) 20 October 2000. 






ここで我々は、中央アメリカのホンジュラス上空を滑空するISSに接続したコンピューター動画のシャトルを見る。シャトルはアクティビティという文字の「t」と「y」の下に位置していることに注意。

Here we see the computer animated Shuttle, attached to the ISS, gliding over Honduras in Central America.  Note that the Shuttle is positioned under the letters "ty" in the word "Activity.





カメラは今アクティブになっている。お分かりのように、スクリーンは14分前の「ワシントン州上空の連続もの」と同じビューである。しかしそれはズーム(拡大)されている。画面の下方左に光の群れがあることに注意。夜の暗闇の中、太陽や月、機体の投光照明機などの光源は何もない。この画像中の宇宙で見られるオブジェクトは自ら発光しているのだ。

The camera has been activated now.  As we can see, the view is the same as in the Washington sequence just fourteen minutes ago.  However, the view has been "zoomed".   Note that in the lower left corner of the picture is a cluster of lights.  It is deep in the night, and there is no source of light from the Sun, the Moon, or the onboard floodlights.  Anything seen in space in this picture would have to be self luminous



   
今非常に輝くオブジェクトがソーラーパネルの近くに現れた。それは非常に奇妙な外観だ。
Now a very bright object has appeared next to the solar panel.  It is very strange in appearance.





そのオブジェクトは消えた、夜の闇の中、単なるソーラーパネルだけが残された。

The object has vanished, and we are now left with a simple view of the solar panel in the night.









この出来事の最後のビューである。カメラは数秒後再び切られた。人はそこにあまりにも多くの心地悪い事がNASAの勝手で、進行していることを考える。ソーラーパネルの左側に別のオブジェクトがあることに注意。これはむしろ薄暗く、かなり遠い。

Our last view from space during this incident.  The camera was turned off again after only a few moments.   One can guess that there were just too many uncomfortable things going on for NASA's pleasure.  Note that there is another object to the left of the solar panel.  This one is either dimmer, or further away.





すべて再びNASAのコントロールに戻る。再び、安全で快適なコントロールルーム。この青いコンソールと操作ボード技術者のシーンはNASAテレビの標準になっている。シャトル外部のビューは、時とともにますます異常になってきている。それらに気づくことはばかげたことと、彼らは考えているのだろうか?

All is under control again at NASA.  A nice safe look at the control room yet again.  These scenes of blue consoles and bored technicians is getting to be more and more the norm at NASA TV.  The views from outside the Shuttle are getting less and less common as time goes on.  Do they think we are too stupid to notice??













戻る





































































































































































































































































































































































































SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO