ブラ ジルの博物館の非常に奇妙な骸骨は
エイリアンかもしれない!?

エイリアンベイビー

Very odd skeleton in Brazilian museum might be of an alien being...!? 






CREDIT:Paulo de Carvalho Nogueira

Report and photos by Paulo de Carvalho Nogueira
Exclusive for the Brazilian UFO Magazine
http://www.ufo.com.br

Translated by Eduardo Rado






























拡大図へ
このHPの下部をクリック



http://planeta.terra.com.br/noticias/mr_ufo/not1/alien-uberaba-1.jpg




10 月6 日, 2004 年

ブラジル都市のminas Gerais の州ウベラバUberabaの, (人口は350,000 人), ローカル博物館で展示されているものはエイリアンの骸骨を示唆するもので非常に動揺させられる。展示物はウイルソン・エステバノビックWilson Estevanovic の自然史博物館の中にあり、ウベラバの天文協会の主催をする個人の施設の博物館で,他にいろいろな石、動物, ミイラなどを展示している。両施設 とも市の学校へ文化と科学を提供することの共通の目的がある。

博物館は、彼らの祖先が19世紀の終わりにサー カスで世界中を旅したエステバノビック・ファミリーに属する。あらゆる場所で、家族は, このようなミイラ, 動物の骨組, 化石等を集め回った。

The 350,000 inhabitants of the Brazilian city of Uberaba, State of Minas Gerais, are very uneasy with a supposed alien skeleton displayed in a local museum. The exhibition is at the Museum of Natural History Wilson Estevanovic, a private institution which also hosts the Astronomic Society of Uberaba and shows animals, mummies, and several kinds of stones. Both institutions have the common objective of taking culture and science to the city s schools. The museum belongs to the Estevanovic family, whose ancestors crossed the world with a circus in the end of the XIX century. In every place the family has been, they have acquired pieces, such as mummies, animal skeletons, fossils etc.


エステバノビック・ファミリー

エステバノビックEstevanovics は1956 年にウベラバUberaba へ来て, 1997年に博物館を創設した、現在20,000点以上の展示物がある。8 月の終わりに, ウェリントン・エステバノビック Estevanovic 施設の2 人のディレクター代理人及びカルロス・マンゴ・エステバノビック Carlos Magno Estevanovic 教授等が、私と研究者ジョセ・エディアド・CJose Eduardo C. Maia、彼はコレクションで非常に珍しいものを報告している、に一目見てほしいと頼んで来た。それは96 年間家族とともにあった奇妙な防腐保存された骸骨だった。
ディレクターは次のように説明した、骸骨が地域社会で注意を引き、それは地球外のエイリアンではないかと考えた、それがブラジルのufo 雑誌 [ < www.ufo.com.br>www.ufo.com.br ] へ見てもらおうと決めた理由だったと。
私達はその場所へ行き, ウイルソン・エステバノビック・ネトEstevanovic Neto とエステバノビック Estevanovic ファミリーのもう一人のメンバーとともに完全に骸骨を検査した。エステバノビック・ネトEstevanovic Neto はその方面の研究家で、ミイラ化プロセスの専門家 , レストアラー, 宝石学者である。



The Estevanovics went to Uberaba in 1956, and in 1997 they founded the museum which today counts on more than 20,000 pieces. In the end of August, two directors of the institution the attorney Wellington Estevanovic and the professor Carlos Magno Estevanovic came to me and to the researcher Jose Eduardo C. Maia reporting a very unusual piece in their collection asking us to take a look. It was a strange embalmed skeleton which has been with the family for 96 years. The directors informed that the carcass called the attention of the local community and that was the reason why they decided to show the piece to the Brazilian UFO Magazine [<>www.ufo.com.br] thinking it might be of an extraterrestrial being. We went to the place and thoroughly examined the skeleton together with Wilson Estevanovic Neto, another member of the Estevanovic family. Estevanovic Neto is a researcher of the subject, restorer, gemologist, and also an expert in the processes of mummification.


私達が連絡をとったある医者は、次のように言っている、その問題について巨大な頭部及び小さいボディのような変則のために人間に属しない骨格であると。さらに自然史博物館の館長を驚ろかしたことは頭部の直径が97 センチメ ートルということである。さらに半ミイラ化の骨組が6 fingered フィートで両性具有者に属することだ。私達は歯科矯正学の調査によって確認できるのでそれが10才ー12 才くらいの子供であるかもしれないと推定する。生きていた場合 , この生物に多数の変則があること。最も明白な点は脳水腫hydrocephaly の存在であり, 口蓋唇状の亀裂すなわちすな わち, 第一次生来の奇形であると, 彼はブラジルのufo マガジンへ言った。



Some doctors contacted by us have talked little about the subject saying only that the bones do not seem to belong to a human being due to anomalies like a huge head and a small body. What was also surprising to the president of the Museum of Natural History is the diameter of the head, which is of 97 cm. In addition, the semi-mummified carcass seems to have belonged to a hermaphrodite with six-fingered feet. We estimate that it might be of a 10 to 12-year old pre-adolescent, as we could verify through orthodontic studies. When alive, this being had multiple anomalies. The most evident ones are the presence of hydrocephaly and palate-labial fissure, that is, a primary congenital malformation, he said to the Brazilian UFO Magazine.







QUOTE
地球 大気圏外の生物(創造物)か.
Extraterrestrial creature?


エステバノビックによると、博物館で既に骸骨を見た学生と他の人々はそれが地球外の生物であるということに疑問を全く持っていない。人々の中にはおびえるものもいて、骸骨がさらされているのを見て吐き気を催した人もいたが、子供の大部分は興奮していた。 激しい好奇心にもかかわらず、これに関する情報がこれ以上にはない。
エステバノビック Estevanovic家は、これががどこから来たか、そして、またはそれがどのようにミイラにされたかを知らないが、彼らは、それが200年以上前のものと信じている。 骸骨が保たれた箱はウィルソン・エステバノビックEstevanovicの死後に1997年に開けられ、彼の息子のウェリントンにそれに含まれている秘密に明らかにした。 施設のディレクターは、その以前にそれが密封された箱であるにすぎないと言った。


 
According to him, students and other people who have already seen the skeleton at the museum have no doubt it is of an extraterrestrial creature. Some people felt sick at seeing the carcass exposed while others got scared, but most of the children felt excited. Despite the intense curiosity there is no further information about the piece. The Estevanovic family does not know where the piece comes from or how it was embalmed, but they believe it occurred more than 200 years ago. The box in which the skeleton was kept was opened in 1997 after the death of Wilson Estevanovic, who revealed to his son, Wellington, the secret it contained. Before that, it was only a sealed box, said the director of the institution.

UFO研究家マイアは、材料が非常に貴重であり、深遠な研究に値すると評価している。 映画か写真を除いて、このようなものをかつて見たことがない。 彼は、今や、慎重に研究するべき、人間のものと非常に異なった骸骨を私たちは持ったと論評した。 他の研究者からの情報によると、ブラジルには、それが既にミイラ化しているので人間であるかどうか確かめるため、骸骨の試験を実行するのに必要な条件が整っていない。 ブラジルのUFO Magazine、<www.ufo.com.br>はさらに詳細に骸骨を調べ、その本性を探るためにチームを提供した。 Flying Saucer Research(CBPDV)ブラジルセンターの設立者で雑誌の編集者、A.J.Gevaerdは、これは地球外の骸骨かどうか、どのように重大な科学的調査で結論づけることができるか、世間は知らなければならないと言った。


 
The ufologist Maia estimates that the material is very valuable and deserves profound studies. I haven t seen anything like this before, except in movies or pictures. Now we have a skeleton very different from a human one which we are going to study carefully, he commented. According to information from other researchers, Brazil has not the necessary conditions to perform examinations in the carcass to verify if it is human or not, since it is already mummified. Brazilian UFO Magazine [<>www.ufo.com.br] has put up a team to further examine the skeleton in detail, in order to determine its real nature. If this is an alien structure, what could be concluded with serious scientific research, and then the world must know, said the magazine s editor A. J. Gevaerd, founder on the Brazilian Center for Flying Saucer Research (CBPDV).


エステバノビックEstevanovicファミリーは博物館のすべてのドアを研究者に公開し非常に協力的で、彼らもまた神秘の解明を見たいと望んでいる。 バイア大学の生命科学の学生、ベルスカ・エステバノビックVeruska Estevanovic、施設創設者の孫娘は、骨片の起源研究の後に骸骨がたぶん地球外生命体のものと結論を下した。 他の検査においては、骸骨は形態解剖の判定を受けている。 ベルスカVeruskaは彼女のレポートにおいて、より詳細な記述において、骸骨の発達に関して述べている: それには、減少している口蓋とほっそりしていて顕著な主要な構造が鼻腔を通して突出していて、2つの犬歯が遠心端にある状態で、口蓋唇の亀裂を生じる頭蓋がある。



The Estevanovic family has been very helpful opening all doors of the museum to researchers, once they also want to see the mystery solved. The biological sciences student of the University of Bahia, Veruska Estevanovic, granddaughter of the institution s founder concluded after studies on the origin of the piece that the skeleton probably belongs to an extraterrestrial being. Among other examinations, the carcass underwent a morph anatomic evaluation. In her report, Veruska talks about the development of the skeleton in a more detailed description: it has a palate-labial fissured skull with a reduced palate and a slender and protuberant central structure projected through the nasal cavity and two canine teeth on its distal ends.








QUOTE

Eye orbits
 

骸骨の形態解剖の分析はこの骨構造と上顎骨の間の距離が5cmであることを示した。 ベルスカVeruskaは、鼻腔は口蓋頬側構造の突出によってさえぎられる基盤にひびを示していると、ブラジルのUFO Magazine<www.ufo.com.br>へ話した。 中央の亀裂が9つの歯だけで直接鼻腔にリンクされている状態で、上側の上顎骨は不完全である。 下側の上顎骨は、正常の解剖パターンよりも小く、9つの歯だけを保持する水平な頚椎のもと、長過ぎて狭い。 眼窩は浅く、各々が比較的遠くに位置していて、中央の開口部と骨化した光学神経を持つ円形の骨化した主要な構造を示す。


The morph anatomic analysis of the skeleton has indicated that the distance between this structure and the upper maxilla is of 5 cm. The nasal cavity presents a crack at its base which is interrupted by the projection of the palate-buccal structure, said Veruska to the Brazilian UFO Magazine [www.ufo.com.br]. The upper maxilla is incomplete, with a central fissure directly linked to the nasal cavity with only nine teeth. The lower maxilla is smaller than normal anatomic patterns too long and narrow on its horizontal axis holding only nine teeth. The eye orbits are shallow, relatively far from one another, presenting an ossified central structure, which is circular with a central orifice and one ossified optical nerve.


そのようなボディー構造は人体解剖学に合わない。 骸骨には、聴力穴、および耳道がない。 頭蓋は典型的な頭蓋のひびを示す、そして、前の領域には、2つの関連隆起がある。 骸骨は頭部、胴体、および手足からなり、かつて知られていないプロポーション(割合)で分割される。 頭蓋寸法は胸と同じサイズである。べラスカ Veruskaは続ける: その生物は私たちが少なくとも2つの厳しい先天的な異常を定義する骨の特性を示した: それは、医学文献で良く知られている2つのシンドローム、脳水腫(水頭症)と口蓋唇亀裂である。


Such body structure does not match the human anatomy. The skeleton does not have the auditory pit, as well as the auditory canal. The cranium presents typical cranial cracks and the front region has two relevant protuberances. The carcass is divided in head, trunk, and limbs without any known proportion. The cranium s dimensions are 1 time the chest. Veruska continues: The creature presented a bone characteristic which allows us to define at least two severe congenital abnormalities: hydrocephaly and palate-labial fissure, that is, two syndromes very known in the medical literature.
 
確かに、その骸骨は先天性奇形か例外を伴う個人に分類されるものだ。その異常は出生の時の発達の失敗から成る。 先天性奇形の世界の中では、一般に孤立している用語体系の分類を全く受け入れません、すなわち、それらのすべてに限界がある。 各々は既に知られている病気の発生に関して主要な強調を持ちつつ、異常なプレ出産の発達を研究する奇形論科学の一分科の研究における明確な目標に向けられる。


The skeleton certainly belonged to an individual with congenital malformation or anomalies, which consist of developmental failures in the occasion of the birth. In the universe of congenital malformation, no classification of an isolate nomenclature is universally accepted, that is, all of them are limited. Each one is directed to a specific purpose in the study of teratology branch of science that studies abnormal pre-birth developments with principal emphasis with respect to already known pathogenesis.


べラスカ・エステバノビックVeruska Estevanovicは、それが人間であるなら、骸骨の先天性奇形の原因は、他の未知の原因により結合された遺伝子、そして環境の要素の染色体異常、突然変異遺伝子、環境要因、多因性の遺伝、またはそれらの組み合わせでさえあるかもしれない、とブラジルUFOマガジンへ宣言した。


 
If human, the causes of congenital malformation in the skeleton might be chromosome abnormalities, mutant genes, environmental factors, multifatorial inheritance, or even a combination of genetic and environmental factors combined with other unknown causes, has declared Veruska Estevanovic to the Brazilian UFO Magazine.





Photos at http://www.ufo.com.br/index.php?arquivo=notComp.php&id=580

Report and photos by Paulo de Carvalho Nogueira
Exclusive for the Brazilian UFO Magazine
http://www.ufo.com.br
Translated by Eduardo Rado
http://planeta.terra.com.br/noticias/mr_ufo/alienuber.htm another pic
http://www.stevequayle.com/News.alert/04_Unexplained/041006.skelton.html more pics !!!!!!!!






Http://www.ufo.com.br/index.php?arquivo=notComp.php&id=580 の写真

Paulo de Carvalho Nogueira 著レポートそして写真
ブラジルのufo 雑誌のための独占記事[ < www.ufo.com.br>www.ufo.com.br ]
Eduardo Rado 著翻訳される


拡大画像のHPへ



http://planeta.terra.com.br/noticias/mr_ufo/not1/alien-uberaba-1.jpg

http://planeta.terra.com.br/noticias/mr_ufo/not1/alien-uberaba-2.jpg

http://planeta.terra.com.br/noticias/mr_ufo/not1/alien-uberaba-3.jpg

http://planeta.terra.com.br/noticias/mr_ufo/not1/alien-uberaba-4.jpg

http://planeta.terra.com.br/noticias/mr_ufo/not1/alien-uberaba-5.jpg


コントラスト調整必要








SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO