STS93 
チャンドラX線望遠鏡に接近するオブジェクト


クリック:ビデオSTS93&Chandra


Crew
 
Commander: Eileen M. Collins
Pilot: Jeffrey S. Ashby
Mission Specialist 1: Cady G. Coleman
Mission Specialist 2: Steven A. Hawley
Mission Specialist 3: Michel Tognini




Mission Highlights
Mission: Chandra X-Ray Observatory Deployment
Shuttle: Columbia
Launch
Pad:
39B
Launch: July 22, 1999 - 11:31 p.m. CDT
Window: 116 Minutes
Landing: July 27, 1999 - 10:20 pm CDT
Duration: 4 days, 22 hours, 50 minutes


STS93のミッションは1999年7月22日(CDT)に打上げられ、ミッションの目的はチャンドラX線望遠鏡を設置することであった。
そのミッションの詳しい説明はここ(日本語)をクリック。


ミッションは支障なく事が運んだ、殆ど支障なく・・・、もしあなたが、チャンドラの解放の数秒後にチャンドラのそばで滞空しているオブジェクトに注意を払おうとしないならばである。このオブジェクトはどこからかやってきて、チャンドラの傍らにとどまったが、一方このことが進行している間にミッションコントロールルームの誰かがレンズの絞りを調整し、画像を明るいものから暗い方へ変えた、ライブはカットされたが、しかしこのことを隠すことには成功しなかった。

このチャンドラの傍らにとどまったオブジェクトに先立って、我々はチャンドラの解放の数秒後に画面の上に現れた他のオブジェクトの存在に注目することも興味深いことだ。

NASAの
誰かが画面に新しいオブジェクトが現れた時にいつでもするように、カメラは不可思議オブジェクトが見えない画面上の別の新しい場所へ移動されたので、これらのオブジェクトは我々のメインとするチャンドラのように接近して見ることができない。



The STS 93 Mission was launched 23 July 1999 and the purpose of the mission was to deploy the Chandra X-ray telescope, please clickhere for more info about the mission.

The mission went off without a hitch, well almost without a hitch if you want to ignore the object that seems to hover by the side of Chandra minuets after the release of Chandra.  This object seemed to come from nowhere and it stayed by the side of Chandra, while this was going on somebody at mission control was adjusting the Lens aperture and making the picture go from light to dark when this proved fruitless in hiding the object the live fee was cut.

It is also interesting to note that prior to this object that seems to stay with Chandra we had other objects appearing on screen moments after the release of Chandra.  These objects did not appear to be as close to Chandra as our "main" object but somebody at NASA did not like to view them as everytime a new object appeared on screen the camera was moved to a new "clean" part of the screen where no anomalous objects could be seen.



この3枚の画像はチャンドラがちょうど解放された様子を示す、いかに鮮明に撮影されているかに注意のこと。
These three pictures show Chandra just as the release was made, please notice how clear the shots are.






これらの画像はさらに一連の事を明らかにする、お分かりのようにレンズの調節が必要以上に開かれ、チャンドラは画面の上部中央で輝いている。

These shots are further into the sequence and as you can see lens aperture has been opened a considerable amount and now Chandra is the very bright object top/centre of the shots.  Somebody only started to adjust the lens when these objects started to appear.






ここで我々は尚レンズが開かれているのが分かるが、オブジェクトは確認できる。

Here we can still see that the lens is open and we can make out the objects.




レンズは今前のように閉められ、チャンドラはクリアーになり見やすくなった、我々はチャンドラの近くにオブジェクトを見ることができる(赤い四角の枠)。

The lens has now been closed back down and Chandra is more clear and easier to view, but we can now see the object near Chandra (boxRED)




レンズは尚、閉められており弱い光が入り、チャンドラを確認ができる、そしてオブジェクトはその位置を保っているように見える。

The lens is still been closed down allowing less light to enter, but still we can make out Chandra and our object that seems to be holding position.









これらはライブの供給がカットされる前の最後の画像である、お分かりのようにカメラの絞り調節は低くセッティングされおり、チャンドラとオブジェクトは、はっきり見える・・・。ライブ供給がカットされたのはこれらの画像の数秒後であった。

These are the last few shots before the live feed was cut, as we can the camera is still been kept at a lower setting but Chandra and the object are very clear...........it was only a matter of seconds after these shots that the feed was cut.





この不可解なオブジェクトはチャンドラX線望遠鏡の設置の時に見られたものだ。
この写真のNASAのオリジナルソースは
http://chandra.harvard.edu/resources/illustrations/deploy/index.html

クリック:NASAのウエブサイト
実際に確認出来ます!
j
これはハイリゾルーションフィルムの画像で、ビデオではないです。
This enigmatic object was seen during the deployment of the Chandra X-Ray Observatory.  The source of this photograph was the official NASA website.  It is a high resolution film picture, not vid
eo.

Deployment of Chandra

  
This 70mm frame shows the Chandra X-Ray Observatory shortly after its release from Columbia. (Courtesy NASA)
Download Hi-Res Image










ここにNASAのハイリゾルーションの写真がある。葉巻形のオブジェクトは左にある。右側に異常な光の群れがある。下はその群れの増幅と拡大したものである。

Here is another high resolution film photograph from NASA.  The cigar shape is still seen on the left.  To the right is a cluster of unusual lights.  Below is an enhancement, and enlargement of that cluster.








今我々はカラフルな光の、非常に驚くべきリングを見る。お分かりのように、境界線上の多彩な”走る光”を伴った殆ど枠いっぱいの円盤に見える。この画像の輝度とコントラストの増幅は最大限にしてある。人はこれが本当は何なのだろうかと思うだろう。それは氷の結晶とか、私の考えうるいかなる残骸でもない。結局、尋常ではないある出来事がSTS-93のミッションの時に起きていたということである。これらのオブジェクトの説明は一切されずに残った。

Now we have a very amazing "ring" of coloured lights.  As can be seen, they resemble a disc seen almost on edge, with multicoloured "running lights" on the perimiter.  The enhancement of this photo amounts to turning the brightness, and contrast, up to maximum.  One wonders what this could actually be.  It is certainly not ice crystals, nor any debris this writer is aware of.
    All in all, some very unusual events occured during the STS-93 Flight.  These objects remain unexplained.


















戻る









SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO